Monochrome

鉄血のアイン、2期のジュリエッタ、JGの佐久間中尉、とうらぶを愛する個人の趣味サイトです☆女性向けです!総受けです!・・・苦手な方はバック推奨。

Entries

FGO始めました!

FATE好きとして、ずっと気になってたFGOを始めました!面白い!
重課金中毒になったらどうしよう~と思ってましたが、しなくても十分楽しめます♪
ただ、私の召喚が槍兵に偏りがあるのが微妙なところですが(汗) 
あ、自分の幸運値が低いからなの!?
春アニメは、進撃の他に『レクリエイター』が好きなんですが、有名作品の人気キャラが現れて戦い合うのってなんかFGOのサーヴァントっぽいwww
主人公がイナホに似てて、音楽もアルドノアに似てるなと思ってたら、監督がなるほど。
よく見たらEDでA/Zの紙袋下げてるしwww
あー早くまみかも仲間になってほしいなーまみか可愛いvまどかにソックリv
もしも現界したのが鉄血で一番人気のガエリオだと妄想したら…
ガエリオ「おい、ちょっと待て、キマリスがなくて俺にどうやって戦えと言うんだ!?
モビルスーツが無ければ、普通の人間と変わらないんだぞ?!」
ガエリオ「アインにあんな非道な行いをし、マクギリスに業を背負わせた作者には、言いたい事が山ほどあるな」
とか言いそうwww
スポンサーサイト

ようやくスマホデュー

鉄血の最終話放送日にスマホを買いました。
慣れないと色々難しいですね~早く慣れたい(汗)

◎鉄血の最終回とマッキー回は、ツッコミどころ満載でしたが、一言で纏めると、ガエリオが笑顔を取り戻せて良かったと思います。
立派なレディになったジュリエッタへのセクハラ発言は問題ですが!(笑)
アルミリアも若いので、新しい幸せを見つけてくれてるといいな…。

ラスタル様は立派なお方でしたね!クーデリアと協力して、より良い未来を作られてる。
…イオク様…orz

アインもゆっくり休んでね。

アカツキは、あと5年くらいしたら、クーデリアをお嫁にするとか言いそう。

ただの親バカ

ワンコ用品のセールをやってたので、またしてもタロの服を買ってしまいました・・・プーさんwww
レオにもメルヘンチックなベッドをwww

pu1.jpg

pu2.jpg

あああ

三連休は嬉しいな~ではなく、前回から一か月以上空いてしまいましたが、生存しております。
引っ越しも無事終わりましたが、新しい住居でネット回線を繋いでいないので、超不便なのです;
実家が近いので、実家にて週一でネットを開いてピクシブチャック等はしておりますが~早くスマホがほしい(切実)

鉄血も最終回間近ですね。まさかあのキャラが・・・って展開が続々出てて驚いてますが、自分的にはジュリエッタが無事で良かった!
イオクも傷はおってたけど命に別状はなさそうだったし、ジュリエッタが必死に守ったラスタル様もどうか生き残ってほしい。
そして、ガエリオにはマッキーを止めてもらって、アインをゆっくり眠らせてあげて下さい。
ただ、オルガを失った三日月が、マッキーサイドに付きそうなのが心配だけど・・・。

最後は、ギャラルホルンの負の部分を正し、あるべき姿(出自に関係なく出世ができる、迫害しないされないさせない)に導いて行こうと頑張るガエリオと、誰もが平等な世界を目指すクーデリアの相互協力するようになればいいなと思います。
もちろんラスタル様もガエリオに協力してほしい。

エンケーでバレンタイン☆

◎アニメ157話、男子達のバレンタイン妄想が楽しすぎましたwww
ちなみに初エンケーでうぃっす!


【ドキ土器バレンタイン】


―――2月14日、23時ちょっと過ぎ。

「・・・・・・ウィスパーもジバニャンも寝てるよね?」
ベッドの上でパチリと目を見開いたケータが囁くが、二人からの返答はなく、大きな寝息が聞こえるだけだ。
その事に安堵しながら、机の引き出しから取り出した包みを持って、ケータは自室をそっと抜け出した。

「俺の友達、出てこいエンマ大王!」
みんなを起こさないように声を潜めながら、妖怪メダルをセットして彼を召喚する。

「よぉ、久しぶりだなケータ。俺に何か用か?」
真紅の衣を纏ったエンマ大王がケータの前に現れた。勝気な黄金の双眸がケータを映し、口元には笑みを浮かべている。
「こんな時間に突然呼び出しちゃってごめんね・・・あの、渡したいものがあってさ・・・」
「たった今、仕事が終わったところだから気にするな。で、何をくれるんだ?」
「えっと~・・・それがそのぉ~」
頬を赤く染め、もじもじと言い淀むケータ。
エンマ大王は急かすことなく、そんなケータをじっと見つめる。
「・・・今日はバレンタインでしょ。みんなで友チョコを作ったから、エンマにもお裾分けしようと思って」
はい!と赤いリボンでラッピングされた手作りチョコを、意を決してエンマ大王へと差し出した。
「・・・・・・なぁ、ケータ。これは本当に“友チョコ”か?」
受け取ったチョコに嬉しそうに目を細めつつも、鋭い指摘を入れるエンマ大王。
「えっ!?」
ギクリとケータの身体が強張った。
「も、もちろんそ・・・」
「先に言っておくが、俺に嘘をついたら舌を引き抜くからな」
極上の笑顔で告げるエンマ大王に、逃げ場を無くしたケータは、羞恥で顔を真っ赤にして潤んだ瞳で「・・・本命です」と告白する。
「チョコもケータも美味しくいただくぜ!」
エンマ大王はご満悦でそう宣言した。


◎妖怪ウォッチはアニメ派でゲーム未プレイだけど、引っ越しが落ち着いたら“スキヤキ”をやりたいな~と思っております♪
木村良平さんボイスの滑舌がめっちゃ好きv

左サイドMenu

プロフィール

黒夜シロ

Author:黒夜シロ
アニメ・ゲーム・マンガ・ワンコ
(ネコ・ウサギ・ハムスターもLOVEv)が大好きな管理人です^^
“BL大好物”な腐女子ですが、よろしくお願いします♪

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム