Monochrome

鉄血のアイン、2期のジュリエッタ、JGの佐久間中尉、とうらぶを愛する個人の趣味サイトです☆女性向けです!総受けです!・・・苦手な方はバック推奨。

Entries

蒲生はニコニコ爽やかマンですね! 風機関所属の佐久間さんを妄想してみましたw

◎ジョカゲ8話、蒲生回~何の説明も無く、津田さんボイス、しかも可愛い系の方でいつもの解説が始まったからドキドキしましたv
蒲生、身だしなみは気を付ける~と設定にあったと思いますが、めっちゃ爽やかマンですね!作り物でもニコニコ笑顔可愛いv

どこかでDメンと遭遇するのかと思ってたけど、全く無し~!さらに風の方にいる~なんとなく事情は察しますがw

次回予告、小田切再び!瞳が大きくないですか?童顔カワイイv最近、小田切ブームです~おださく書きたい・・・!

蒲生さん、エンドカットもピンとか贅沢ですねw


※(次回でスペア化する風機関だろうから)今の内にちょっと妄想↓

【風機関スパイ佐久間】 with Red

「クッ・・・!」
些細なミスから敵に捕らえられた佐久間の脳裏に、“風機関”の教えが浮かぶ。

“潔く死ね”

風戸中佐の声が、耳元で聞こえた気がした。
そうだ。敵に些細な情報でも与える事などできない。
自決用にと、歯の奥に仕込んであった毒を佐久間は一切躊躇わず飲み込んだ。

「・・・んんっ!?」
しかし、突然口に差し込まれた指によって阻まれる。
佐久間の口内を勝手に蹂躙した指は、毒薬をつまむと、床へと放り投げた。
「・・・貴様ッ!」
その指の持ち主を、佐久間は睨み付けた。
見覚えのあるその相手は“死ぬな殺すな”を教えとした、死を恐れる臆病者の“D機関”所属のスパイだ。
「・・・・・・この程度の事で死のうとするなんて、佐久間さんは本当に馬鹿ですね」
男にしては赤い唇が楽しそうに歪んでいる。
「余計な真似をするな三好!」
腕の拘束を三好によって解かれた佐久間だが、礼を言うどころか、憎々しげに吐き捨てた。
解放された腕で、足の拘束を自分で解いた佐久間は、立ち上がるとその場を後にする。

「・・・馬鹿を放っておけない僕も、馬鹿なんですかね・・・?」
遠ざかる佐久間の背を見つめながら、三好は自傷気味に微笑んだ。


【風機関スパイ佐久間】 with Blue

敵のスパイを格闘の末倒した佐久間は、意識を失った相手を冷たく見下ろした。

“躊躇なく殺せ”

“風機関”の教えに従い、ナイフを振り下ろす。

「こんな相手の薄汚れた血で、貴方が手を穢す必要はないさ」
「なに!?」
しかし、突然背後から伸びた手に、佐久間はナイフを握った腕を掴まれた。
「・・・貴様ッ!」
「佐久間さんは怒った顔も可愛らしい」
涼やかな笑顔を浮かべ好青年にしか見えないその相手は、三好と同じ“D機関”所属のスパイだ。

「佐久間さんにはこんな物騒な物よりも、こちらの方が似合う」
「!?」
佐久間から取り上げたナイフを、得意のマジックで一瞬にして綺麗な薔薇へと変えてみせた。
「ふざけるな田崎!」
その不意打ちに驚き、思わず受け取ってしまった薔薇を見つめた佐久間が顔を上げると、田崎の姿と倒したスパイの姿が消えていた。

「クッ・・・アイツ等はなぜ俺の邪魔ばかりするんだ!」
怒りに震える佐久間は、手の中の薔薇を握りしめた。



◎初任務中に“D機関”の彼等と出くわし、目を付けられる(気に入られる)佐久間。
その後、“D機関”に負けて解体される事になる“風機関”
しかし、彼等の強い要望と、結城に気に入られ“D機関”に所属する事になる佐久間(反抗期真っ只中w)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

黒夜シロ

Author:黒夜シロ
アニメ・ゲーム・マンガ・ワンコ
(ネコ・ウサギ・ハムスターもLOVEv)が大好きな管理人です^^
“BL大好物”な腐女子ですが、よろしくお願いします♪

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム