Monochrome

鉄血のアイン、2期のジュリエッタ、JGの佐久間中尉、とうらぶを愛する個人の趣味サイトです☆女性向けです!総受けです!・・・苦手な方はバック推奨。

Entries

クオリディア・コードの男子組で腐妄想

※自分の心は今のところ壱弥×霞の一択!霞が、なんとなく黒バスの黛さんっぽいのでwwwアニメ1話後の話。


【東京首席と千葉次席の新しい世界の中心で】

「あれー・・・これって、どういう状況?」
千種霞は、いつものように気だるげな声に、少しばかり非難の色を足して、自分を抱き上げている相手を見た。
「千葉カス君を放置していると、前回みたいに狙い撃ちされるからな」
「・・・・・・」
確かに前回のアンノウン出現時の戦闘中に、霞は現在自分を抱き上げたまま猛スピードで海上を飛行する朱雀壱弥を、自らの武器であるスナイパーライフルで狙った。
もちろん、狙ったところで、ランキング4位である壱弥が躱すだろうと理解した上での、ちょっとした悪戯だ。
ランキング207位(今は更に下がっているかもしれない)の可愛い悪戯に、こんな対処法を・・・今回のアンノウン出現に、狙撃ポイントを目指して走っていた霞の体を抱き上げて、そんまま敵の真っ只中へと先行するとは思いもしなかった。
「・・・で、なんで横抱き?」
「お姫様抱っこの事か?これは前の報復だからな。俺がヒーローで、千葉カス君はひ弱なヒロインって事で、羞恥を存分に味わうがいい!」
「あーそうですかー・・・」
(俺も恥ずかしいが、やってるお前も痛い奴として恥ずかしいとは気付いていないんだな・・・)
「嫌なら、海に落としてやってもいいが?それでも、俺の目的は達成されるからな」
「仲間同士で争うのは、僕よくないって思います~海より深く反省しているので、このままでお願いします」
棒読みでだが謝罪を告げる霞に、壱弥が勝ち誇った表情を浮かべる。
(ホント単純だな~いっちゃんさんは)
なんて思いつつも、こんな状況からは少しでも早く解放されたいので、不安定な体勢の中だが、壱弥の間合いの外にいる敵に向けて、霞はライフルを構えた。

「へ~異色の組み合わせかと思ってたけど、やるもんだねぇあの二人!」
意外な連携を見せて、もの凄い勢いで敵を倒す二人に、甲板の上の天河舞姫が嬉しそうに声を弾ませる。
「はっ、もしやあれが巷で有名なBLってやつかな、ほたるちゃん!?って、あれ、急に世界が闇に~???」
「ヒメ、あんなものを見てはいけない。ヒメの美しい瞳と心が穢れてしまう」
舞姫の瞳を自らの手でそっと覆いながら、凛堂ほたるが耳元で囁いた。


霞の本気の協力(自分が解放されたい一心で)が大きく、かつてない短時間でアンノウンとの戦闘を終わらせ地上に降りた壱弥は、抱えていた霞を解放した。
「・・・ああ、地面が恋しかったぜ」
感慨深げに呟く霞。
「いっちゃーん!仲良くなってよかったね」
二人の元へと走り寄ってきた宇多良カナリアが、二人を交互に見て、満面の笑顔を浮かべた。
「・・・男同士で、姫抱っことかマジうける」
ゆっくりと歩み寄ってきて平坦な声でそう言ったのは、霞の妹の明日葉だ。
「いや~本当に凄かったよぅ!」
「一番凄いのはヒメだがな」
そこに、舞姫とほたるも合流する。

「よくやったぞお前達ー!!」
短時間で戦闘が終了し、舞姫の力の暴走で損害も出なかった為、指揮官の朝凪求得は、大声で彼らを称賛する。
そして、今回の功労者である壱弥と霞の肩に腕をまわして抱き寄せた。
嫌そうな顔をする二人に構わず、そのまま頭をくしゃくしゃと撫で回す。
「各都市代表であるお前達が今日みたいに仲良く協力してくれれば、他の生徒達にもいい影響になるぞ!
・・・そこでだ、お前達に友好を深めてもらう為の提案なんだが、男女別でルームシェアしろ!
名付けて、もっともっと仲良くなろう大作戦だ!あ、提案と言ったが、命令だから拒否権はない!ふははははははっ!!」
「えー・・・」
(よりにもよって、俺を嫌ってるコイツと一緒に住めとか・・・)
「しかし、自分達の都市を離れるわけにはいかないのでは?」
最もな正論でこの危機的状況を回避しようとする壱弥に、今回ばかりは内心でエールを送る霞。
「その点は問題無い!各都市の境目にあるマンションを押さえたからなっ!」
(この退路を塞ぐやり方・・・以前から機会を狙っていたという事か・・・はぁ、面倒だな)
霞は求得に気付かれないように、こっそりと溜め息を吐いた。


◎という、テンプレラノベ展開はよっw
2話でお着換え中のパンイチシーンを目撃、3話で入浴中に気付かず乱入シーンのラッキースケベ展開がくるぞ~w(男同士です)
そして、毎回ラストに『二人が恋人になるまであと○○日』って書かれるのだwww
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

黒夜シロ

Author:黒夜シロ
アニメ・ゲーム・マンガ・ワンコ
(ネコ・ウサギ・ハムスターもLOVEv)が大好きな管理人です^^
“BL大好物”な腐女子ですが、よろしくお願いします♪

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム