Monochrome

鉄血のアイン、2期のジュリエッタ、JGの佐久間中尉、とうらぶを愛する個人の趣味サイトです☆女性向けです!総受けです!・・・苦手な方はバック推奨。

Entries

アインとジュリエッタ妄想

「あなた・・・何者なのですか?」
「・・・うん、何なのだろうな・・・」
ジュリエッタの質問に対して、自分自身もよくわからないというように、ヴィダールは言葉を濁した。

―――その時だ。
「黙って聞いていれば・・・とく・・・ヴィダール様に対して、馴れ馴れしいぞ貴様!」
突然現われた仮面の男が、ジュリエッタを激しく非難した。
「は?何ですかあなたは?(・・・また仮面の男が増えた)」
「アッ・・・ィン!?」
闖入者にも取り乱さず、訝しげに目を細めるジュリエッタ。反対に、ヴィダールの方が驚いたようで声が裏返っている。
「(待機命令を破ってしまい申し訳ありません特務三佐)俺はヴィダール様の部下・・・ではなく、通りすがりの一兵士だが、貴様の蛮行は目に余る!早くその尊き機体から降りろ」
「ムッ・・・ただの一兵士にそんな指図をされる言われは有りませんので、嫌です!」
「ならば、力づくで排除する!」
「やれるものならやってみて下さい!」
ギリギリと睨み合う二人に、どうしたものかと仮面の下でヴィダールは冷や汗を流した。


◎仮面付きでもいいからアインも2期に登場してくれないかな・・・ヴィダールを挟んで、ジュリエッタといがみ合ってほしいw

機体のコックピットが紫で統一されてるのが、自己主張が激しすぎるよヴィダールwww
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #30「アーブラウ防衛軍発足式典」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第30話を見ました。 #30 アーブラウ防衛軍発足式典 アーブラウの軍事顧問となった鉄華団地球支部はアーブラウ防衛軍結成式典の準備で慌ただしくなっていた。 蒔苗の依頼で式典会場の警備を担当する鉄華団だったが、事前に確認した時にはなかった花瓶が控室にあり、蒔苗をチャドが庇い、会場からは爆音とともに黒煙が昇る。 3日経ってもチャドの意...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #31「無音の戦争」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第31話を見ました。 #31 無音の戦争 アーブラウとSAUによる経済圏同士の紛争は両軍が睨み合うバルフォー平原で開戦し、ガラン・モッサの指揮の元、鉄華団も戦闘に加わるが、連日続く消耗戦に疲弊していた。 「不鮮明な回線理由を逆手に取り、見事な膠着状態を成立させた…。つまり、それが目的か…?」 いつまで戦うのか、勝ってるのか負けてる...

左サイドMenu

プロフィール

黒夜シロ

Author:黒夜シロ
アニメ・ゲーム・マンガ・ワンコ
(ネコ・ウサギ・ハムスターもLOVEv)が大好きな管理人です^^
“BL大好物”な腐女子ですが、よろしくお願いします♪

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム