FC2ブログ

Monochrome

鬼滅の善逸、FGOを愛する個人の趣味サイトです(最近放置ぎみ)腐向けなので、苦手な方はバック推奨。

Entries

宇善 続き

〜こそこそ噂話〜

善逸が嫁になる事について、どう思う?


雛鶴「私は天元様が決めた事に従います。それに、善逸くんといる時の天元様は凄く楽しそうで、見ていて私も幸せですから」
まきを「上弦との戦いの時、あの子たちがいたから、今こうやってみんな揃ってるんだ。感謝してるし、認めてるよ」
須磨「善逸くんって、なんだか親近感がわくというか、弟みたいで可愛いですっ!
本当の弟たちは亡くなっちゃってるんで、その分も大事にします」


◎宇随さんに嫁三人いるのは、宇善的に微妙かと思いましたが、嫁三人を大事にしてるところが、宇随さんの魅力だし、だんだんみんなで仲良くほわほわしてるのもアリかなって思うようになりました。
そして、妄想は続く・・・

(以下、走り書き)



善逸が雷柱になった後、宇随と雛鶴の間に子どもができる。
宇随がその男の子を『天逸』と命名。
「天元さんと俺の名前を足しちゃったの!?」
と驚く善逸に、「善逸くんさえよければ、自分の子どもだと思ってほしい」と、雛鶴に言われ号泣する善逸。
「嫌だったか?」
宇随が善逸に問いかけると、孤児だった自分は、昔から家族に強い憧れを持っていたから、嬉しいのだと伝える。

みんなや善逸から大切に育てられ、すくすく育つ天逸。
黒髪のところをのぞき、容姿は宇随そっくりに成長。
性格も父親に似て派手好きなので、派手な雷の呼吸の型が好き。優しくて強い善逸の事はもっと好き。
「俺は善逸の継子になる!」
勝手に決めて、10歳で鬼殺隊の最終選別を突破。

以降、継子として善逸の仕事についてまわる。
「俺は、善逸だけを愛してるし、親父には負けない」
事ある毎に、善逸に求婚する天逸。
「ふざけんじゃねえぞ、このクソガキ!善逸は俺のもんだ」
雷柱として忙しい善逸とあまり一緒にいられないから、常に一緒にいる天逸に嫉妬し派手にキレる宇随。
大小の宇随に挟まれ、少し困るけど、やっぱり嬉しい。
善逸は、そんな幸せな日々を送っている。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

黒夜シロ

Author:黒夜シロ
アニメ・ゲーム・マンガ・ワンコ
(ネコ・ウサギ・ハムスターもLOVEv)が大好きな管理人です^^
“BL大好物”な腐女子ですが、よろしくお願いします♪

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム