Monochrome

鉄血のアイン、2期のジュリエッタ、JGの佐久間中尉、とうらぶを愛する個人の趣味サイトです☆女性向けです!総受けです!・・・苦手な方はバック推奨。

Entries

禁断の果実

◇ティアティア21話感想

Aパートは二言で言うと、“アロウン父性に目覚める”&“白から黒にイメチェン”で、肝心なのはBパート★

タリエシン最大の見せ場、初源の歌を奏でるシーン!!
・・・の前のアルサルを殴って気絶させるところ、崩れ落ちるアルサルの身体をしっかりと受け止めたのに無上の愛を感じるvvv(萌)
アルサルの性格を熟知しているからこそ、巻き込むわけにはいかないって判断だったんだよね!
アロウンにアルサルを頼むのかと思ったら、巨人兵にアルサルをお願いしたのは、きっと(水面下で)アルサルを取り合ってるアロウンに素直に頼むのが嫌だったんだ・・・なんて妄想を膨らませてみたりw(*´∀`*)
アロウン→アルサル←タリエシンの構図が好きです☆

自分が知らないことだらけ、ということにやっと気付いたアルサル。
(タリエシンに臆病風~とかKY発言してたもんな;)
タリエシンのことも自分のせいだと思い悩み、涙を流すのが切ない・・・大切な人を泣かすなんてこの大バカ野郎がー!!・゚・(*ノД`)・゚・。

次回、アロウンの初恋(妖精族の若君に一目惚れv)
プィルの泣き顔に激しくときめいた黒夜゚+.(・∀・)゚+.゚ ←万死に値する!

アヴァロン
【禁断の果実】

「アルサル、僕と禁断の恋に堕ちてみないかい?」
「何を言ってるんだ???」
きょとんと小首をかしげるアルサルが可愛いななんて思いつつ、僕はアルサルの唇を奪った。
・・・つもりだったんだけど、僕の唇に触れたのは硬いリンゴだった。
僕の邪魔をしたのはもちろん―
「冗談でもコイツに手を出すのは許さんぞ、タリエシン」
リンゴを手にしたアロウンが、僕を睨みつけてくる。
「来いアルサル。まったく、お前は無防備すぎるんだ」
未だ状況を把握できていないアルサルの腕を引いて、さり気なく僕から遠ざけるアロウン。

「・・・冗談ではないんだけどね」
僕の呟きは、風に吹かれたリンゴ並木のざわめきにかき消された。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

黒夜シロ

Author:黒夜シロ
アニメ・ゲーム・マンガ・ワンコ
(ネコ・ウサギ・ハムスターもLOVEv)が大好きな管理人です^^
“BL大好物”な腐女子ですが、よろしくお願いします♪

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム