Monochrome

鉄血のアイン、2期のジュリエッタ、JGの佐久間中尉、とうらぶを愛する個人の趣味サイトです☆女性向けです!総受けです!・・・苦手な方はバック推奨。

Entries

凪あすSS続き4(※紡×光)

凪あすSSの続き。何かのスイッチが入ったので、R15指定です。


【自覚と無自覚 4】

「・・・まずは、光を気持ち良くしてやる」
「え?なっ!?んんっ・・・!!」
まだ柔らかい俺のチンチンを、パクリと躊躇いなく口に含む紡。
突然だったので驚いたけど、紡の口内は熱く湿っててすっげー気持ちいい・・・!
「光のヒンホの皮、剥いてひいか?」
「あっ!・・・咥えたまま喋・・・んなぁ!」
ダイレクトに伝わる振動で新たな刺激が生まれて、何を言われたかなんて全く頭に入ってこない。
「少し痛いかもしれないけど・・・」
一度口から出した俺のソレの先端の敏感な部分を、舌先でチロチロと舐めながら、
同時に紡は漁師の仕事の手伝いで所々ごつごつとした俺よりデカイ手で、竿の部分を力強く上下に擦った。
「っああぁぁぁあーっ!!」
気持ちいいのと痛いのがグチャグチャに混ざりあって、ゾクゾクとすごい衝撃が走った瞬間、俺は一気に熱を吐き出した。
「はぁはぁ・・・」
イッたばかりで、釣り上げられた魚のように大きく喘ぐ俺をジッと見つめる紡。
「・・・光、色っぽいな・・・こっちもヒクヒクしてる・・・」
「バカ・・・ヤロー・・・って、どこ見て・・・んんっ!?」
あろうことか、紡は俺の尻の穴に指を挿し入れた。
俺の吐き出したもので濡れた指は、難なく奥まで挿入っちまう。
「やっ、なんでそんなとこ・・・抜けよぉ・・・!」
痛くは無いけど、生理的な嫌悪感からポロポロと涙が溢れた。
「悪い・・・ここで光と一つになりたいんだ・・・どうしても嫌なら止めるけど」
「・・・!?」
・・・そっか、セックスってそこで繋がる事だったのか・・・?
ガチガチに硬くなってる紡のがそこに触れる。
何も知らなくて思わずビビっちまったけど、それなら・・・!
「止めんなよ。もう大丈夫だから・・・紡にも気持ち良くなってほしい」
「光・・・」
紡に力強く抱きしめられて、またキスをされた。
・・・俺、紡とキスするの好きだ。気持ちよくって、頭がボーっとしてくる。
それなのに、もっと紡に触れたいって思って、俺も紡の背中を抱きしめ返した。
その時、自分からキスしてたあかりを思い出した。・・・きっと、あかりもこんな気持ちだったんだな。
好きになっちまったら海とか、陸とか関係ねぇ。ただ、もっと相手と触れ合いたい・・・そんで、一緒にいたい。
「俺も紡が好きだ」
自然と言葉が零れ落ちた。

「・・・あまり煽るなって言ったのに・・・」
少し苦しげに呟きながら、仰向けの俺の両脚を左右に大きく割り広げる紡。
「先に謝っておく・・・加減できそうにないから」
「あぐっ・・・あああああー!!」
俺の尻に紡のが挿入ってきた。あまりの大きさと熱さに、反射的に逃れようとする俺の腰を両手で掴んで、グイグイと奥まで挿入れられる。
「・・・光、ここに俺のがあるってわかるか?」
腰の動きを止めた紡が、俺の腹に指を這わせながら、耳元で囁いた。
涙で滲んだ目で紡を見た瞬間、狙った様に奥を突かれる。
「ああぁんっ!・・・はぁ・・・紡って・・・ムッツリだったんだな・・・!」
「光が可愛いのが悪い」
普段と違って、意地の悪い紡を睨み付けたけど、嬉しそうに微笑まれた。
またピタリと動きを止められると、俺の中で脈打つ紡のをリアルに感じるし、限界まで広がってる繋がった部分がジンジンと疼いた。
「・・・はぁはぁ・・・」
俺の荒い呼吸が部屋に響く。
「・・・光もエッチだよな」
自分のチンチンに伸ばそうとした手を、紡に捕らえられた。
無意識に腰を揺らして、尻の穴を触れていた紡の玉に擦り付けていたのも全部わかっていたんだろう。
「・・・だって、こんなの・・・もどかしいし!」
「俺は光の中が、俺の形に馴染むのを待ってただけなのに・・・な」
責めるような紡の囁きでさえ、今の敏感になってる俺の身体はゾクゾクと快感に震えた。
「・・・俺もそろそろ限界だから、動くよ」
「はぅ・・・ああぁああっ!!」
腰を抱えられて、抉るように最奥をガンガン突かれる。
俺の腹と、紡の腹に挟まれた前の刺激と、中の刺激のどっちも強烈で、俺はあっけなく二度目の絶頂に達した。
同時に、腹の中に広がる熱を感じて、紡も俺で気持ち良くなってくれたなら嬉しい・・・なんて思いながら、俺は意識を手放した。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

黒夜シロ

Author:黒夜シロ
アニメ・ゲーム・マンガ・ワンコ
(ネコ・ウサギ・ハムスターもLOVEv)が大好きな管理人です^^
“BL大好物”な腐女子ですが、よろしくお願いします♪

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム