Monochrome

鉄血のアイン、2期のジュリエッタ、JGの佐久間中尉、とうらぶを愛する個人の趣味サイトです☆女性向けです!総受けです!・・・苦手な方はバック推奨。

Entries

8話のルーリック×ティグルに腐萌www

『魔弾の王と戦姫』主人公・ティグルが、目がクリクリしてて、性格が仲間想いでティアティアのアルサルに似てるな~とか、
ヒロインのエレンは銀髪・赤目がアロウンと同じで、男体化したら美味しいな~とか思いつつ、毎回楽しませてもらってます♪

ヒロインは多いけど、男キャラは少ないから、エレンを男体化させないと腐女子妄想ができないーと思ってましたが、
8話で、男キャラからの告白イベントキタコレッ!
ハゲ・・・じゃなかった、1話でティグルの弓の腕前と、優しい性格に命を救われて断髪した優男のルーリック!
「大好き」発言に加えて、ティグルに急接近したジェラールに嫉妬したり美味しすぎるwww
本当にティグルは、戦姫ホイホイ・精霊ホイホイ・従者ホイホイですよねwww


※この下はSSと、1年ぶりに描いた絵ですが、腐向け・微エロ注意です;


「残ってくれてありがとうルーリック。金も領地も、今の俺には返せるものが何も無くて申し訳ないが・・・」
今や指揮官と部下という立場だったが、ティグルはルーリックの忠義に、礼を尽くし深々と頭を下げた。
「頭を上げて下さい!私はあなたを慕っているので、好きで残ったのですからっ」
ティグルに命を救われた事のあるルーリックとしては、当然の事だったので、慌てて言葉を紡ぐ。
もちろん、そんな部下想いのティグルを、ルーリックや銀の流星群の兵達は好いていたのだが。
「・・・そうか、俺にも返せるものが一つだけあるな」
「?」
ルーリックの言葉に、何やら思案した後、ティグルは真っ直ぐルーリックを見つめた。
想い人から向けられた熱い視線に、思わず胸を高鳴らせてしまうルーリック。
「俺の身体はエレンのものだが・・・これぐらいなら咎められはしないだろう」
ルーリックの足元に跪いたティグルは、ルーリックの下肢に手を伸ばした。

m1.jpg

「いけません、ティグルブルムド卿っ!」
言葉とは裏腹に、背徳的なこの行為にルーリックの熱は高まり・・・。

m2.jpg

「あぁああっ!!」
野営用のテント内にルーリックの大声が響いた。
「・・・夢?・・・俺はなんて恐れ多い夢を・・・はぁ、でも夢なら最後まで見ていたかった・・・」
「「・・・・・」」
同じテント内で寝ていてルーリックのせいで起こされた、ルーリックと長い付き合いの兵士二人は、最初は腹が立ったが、
ブツブツと独りで呟くルーリックに、だいたいの状況を察し、特に何も言わなかった。
ただ、ティグルと出会う前のルーリックを思い出し(長く美しい黒髪のイケメンで、女性達に人気だった)不憫だな・・・と思うだけで。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

黒夜シロ

Author:黒夜シロ
アニメ・ゲーム・マンガ・ワンコ
(ネコ・ウサギ・ハムスターもLOVEv)が大好きな管理人です^^
“BL大好物”な腐女子ですが、よろしくお願いします♪

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム