Monochrome

鉄血のアイン、2期のジュリエッタ、JGの佐久間中尉、とうらぶを愛する個人の趣味サイトです☆女性向けです!総受けです!・・・苦手な方はバック推奨。

Entries

仲良しギャラルホルントリオが見たい!!!外伝だとォォォ!!?

オルフェンズ本編がアインに対して、本当に厳しい世界ですよね。
ガエリオの事を守れたし、もういっそクランク二尉の元にいけた方が、重いものから解放されて幸せなのでは・・・?
と、本人の立場になったら思わずにはいられない気もするんですが。
20話で、ガエリオがアインの戦線復帰を望むのも少し意外でした。
もうこれ以上無理せず、療養に励めって感じかと思ってたんですが。
アインのクランク二尉への熱い想いを聞いたから、望みを叶えてあげたいんですね!

アインの機械化、どんな感じになってしまうんでしょうね・・・
ポジティブ目に考えると、ワンパンマンのジェノスみたいなサイボーグになって、機体いらずでガンダムと戦えるようになったりして!?
アルドノアのイナホみたいにチート機能が追加されたり?
三日月達と同じようなアラヤシキだったら、首元ピッチリのギャラルホルンの制服が着れないのでは・・・なんて事まで気になります!

せめて幸せな夢を見させて下さい・・・妄想。
副音声のように、仲の良いギャラルホルントリオが見たい!!!

『アイン快気祝い(?)』

ガエリオ「アインには、返しきれないほど借りがあるからな。今日はアインの行きたいところ、どこにでも付き合うぞ!
(・・・俺が選んだ店だと、居心地が悪そうにしているからな)」
アイン「特務三佐・・・!そのお言葉だけで自分は十分です!なので、お気遣いは不要ですが」
ガエリオ「では、こう言おう。俺はアインの事がもっと知りたいし、アインの好むものに触れたい・・・お前の行きたい場所に連れて行ってくれないか?」
アイン「そうですか・・・そこまでおっしゃられるのなら・・・クランク二尉の教え、裸の付き合いをしましょう!」
ガエリオ「はっ、裸だと!?」
マクギリス「・・・フッ、楽しそうだな。私も同行させてもらおう」

ガエリオ「ここは・・・?」
アイン「居酒屋です。まずはお酒を飲んで、心の鎧を脱ぎ捨てるんだ・・・と、クランク二尉が言われていました。
チェーン店なので同じ店ではありませんが、よくクランク二尉に連れてきてもらったんです」
ガエリオ「なるほど、一理あるな!(ところで、チェーン店って何だ???)」
マクギリス「ガエリオ、チェーン店とは・・・(解説)」
ガエリオ「・・・かなり混んでいるな」
アイン「安くて美味しい人気店なので、いつもこんな感じですよ・・・ぁ」

――11話の2人組とバッタリ遭遇。

ガエリオ「どうしたアイン?」
アインに壁ドンした兵士「ファリド特務三佐!?ボードウィン特務三佐!?なぜこのような(似つかわしくない)場所へ?」
マクギリス「今はプライベートだ。そこまで畏まる必要はない・・・それより・・・
“君たちの事は、私直属の部下より報告を受けている。君たちがいるとアインが楽しめないだろう?
その席を我々に譲って、速やかに帰路につき給え”」
ガエリオ「出たーマクギリスのプレッシャー・・・!」
モブ兵士ズ「「了解です!失礼しましたッ!!」」

ガエリオ「飲んでるかアイン?今日は無礼講だぞ!もっと飲めよ」
アイン「は、はいっ!ありがとうございます」
ガエリオ「おっ、これ結構美味いな・・・何の肉?」
アイン「・・・おそ松さんノリは止めて下さい!」
ガエリオ「え・・・?」
アイン「ボードウィン特務三佐は以前、俺に恋人がいるのかって聞いてこられましたよね?
特務三佐の方こそどうなんですか!?早寝早起き清き心って、良い人キャラの仮面を外して、今ぐらい本音を暴露して下さいよ!
こんな・・・ムカツクほどのイケメン、女性達がほっとくハズありませんから!」
マクギリス「・・・ふむ、見事な絡み酒だな」
ガエリオ「ちょっ、落ち着けアイン!?マクギリスは落ち着いてないで、助けろっ!」
アイン「う~イケメン爆発しろッ!!」

うちゅーvvvvvv
アイン「えへへ~特務三佐の唇、俺が奪っちゃいました~♪」
ガエリオ「なななっ、アイン!!?///」
マクギリス「よかったな、ガエリオ。・・・絡み酒からのキス魔とは、なかなか興味深い」
ガエリオ「見てないで、止めろよマクギリス!」
マクギリス「役得だろう?」
アイン「・・・ファリド特務三佐殿も、超絶イケメンですよね・・・イケメン爆発し・・・」
マクギリス「おや?」
ガエリオ「わー!止せアイン!!」
マクギリス「フッ、私は別に構わないのだが・・・必死だなガエリオ」
ガエリオ「もう酒は禁止!次に行くぞ!」
アイン「も~ワガママですね!ガリガリ特務三佐は」
ガエリオ「ガリガリつった!?」
アイン「次は裸の付き合い(本番)です!!」

ガエリオ「・・・ここは?」
マクギリス「ふむ銭湯だな。広い湯船に開放感のある者や、風呂無しの部屋に住む者などが利用するという・・・」
ガエリオ「お、俺の知らない世界だ・・・やけに詳しいなマクギリス」
アイン「お二人も早く脱いで下さい!」
ガエリオ「アイン、いつの間に!?って脱ぐのか!?」
マクギリス「服のまま、風呂に入るわけがないだろう」
ガエリオ「それはそうだが、こんな人前で・・・」
アイン「乙女じゃあるまいし、ゴチャゴチャ言ってないで・・・ほらっ、手伝いますから、とっとと脱いで下さい!」
ガエリオ「あ~れ~!?」

アイン「えへへ~クランク二尉ほどじゃないけど、大きいですね!」
ガエリオ「こっ、これはもしや、酔っ払いトークによくあるという下ネ・・・」
アイン「お背中お流しします~」
マクギリス「・・・ガエリオ、ツッコミは必要か?」
ガエリオ「自己嫌悪中だから、そっとしておいてくれ・・・」
アイン「頼もしい背中ですね!えいっ☆」

抱き付き☆

GATE

ガエリオ「アアア、アインッ!?!///」
マクギリス「よかったな、ガエリオ(二回目)・・・だが、ここは公衆の浴場だ。欲情するなよ?」
ガエリオ「親父ギャグだと!?お前も相当酔ってるだろマクギリス!?」
アイン「いいえ!これぞ裸の付き合いですよ!クランク二尉の素晴らしい教えです!(キリッ!!!)」
ガエリオ「拳を握りしめて力説してるところ悪いが、厳格なクランク二尉とやらの教えとはとても思えん・・・」
アイン「・・・あ・・・目の前が・・・世界が回るー・・・」
ガエリオ「アインッ!!?」

ガエリオ「・・・大丈夫かアイン?」
アイン「・・・うぅ」
ガエリオ「まったく、酔っているのに風呂場で騒ぐからだ・・・仕方ない、そろそろ艦に戻るか?」
マクギリス「そこのホテルの部屋(スイートルーム)を取った。私は明日の朝が早いので先に艦に帰るが、お前達はゆっくり休んでいくといい」
ガエリオ「いつの間に・・・!・・・お前、何を考えている?」
マクギリス「安心しろガエリオ・・・私は口が堅い。上司権限で、二人とも明日は休暇にしておいてやろう」
ガエリオ「何を言って・・・!?」
マクギリス「・・・アインを愛しているのだろう?ここまで隙を見せているのだ。存外、アインも望んでいるのかもしれないぞ?」
ガエリオ「なっ・・・馬鹿な事を」
マクギリス「では、邪魔者は退散しよう」
ガエリオ「おい、マクギリス・・・!」

ガエリオ「俺はやましい気持ちなんて無い・・・これは、大事な部下の介抱をするだけだ」
アイン「・・・・・・」
ガエリオ「しっかりしろアイン・・・ほら、このベッドで休め。俺は隣の部屋に・・・」
アイン「・・・ッ、嫌です!俺をおいていかないで下さい・・・!」
ガエリオ「・・・今度は泣き上戸か・・・?・・・心配するなアイン。俺はお前をおいていったりしない」

ギュー!
ガエリオ「・・・まったく腕の力が強いな・・・仕方ない、一緒に寝てやるから・・・目が覚めたらセクハラとか言うなよ?」

ガエリオ「・・・眠れん。・・・いや、眠れるわけがないだろこの状況は・・・。
(俺の気も知らずに、アインは俺に抱き付いたまま、無防備に寝ているんだぞ・・・!)」
アイン「すぅすぅ・・・」
ガエリオ「ッ!(さっきは、不本意な形で触れたアインの唇が、顔の角度を少し変えるだけで触れそうな位置に・・・!!
いやいやいや、何を考えてるんだガエリオ!!しっかりしろ俺・・・だが!!)」

エンジェル・アルミリア「ダメよお兄様!好きだからって、婚約もしていない相手に手を出すなんて、そんな事をしては軽蔑ですわ」
デビル・マッキー「男には引けない時があるものだ。こんな狡い男は嫌いかなアルミリア・・・?」
エンジェル・アルミリア「いいえっ!どんなマッキーでも大好き!!」
デビル・マッキー「そうか・・・嬉しいよアルミリア。・・・据え膳食わぬは男の恥だぞ、ガエリオ」

ガエリオ「・・・!!(そうだ、一度すでに済ませてるんだ・・・一度も二度も同じようなものだよな!)」
アイン「・・・ん・・・クランク二尉・・・」
ガエリオ「・・・ッ!?(・・・俺は最低だ。・・・泣くなアイン。せめて、夢の中では安らかに・・・)」


◎何だコレwww・・・でも、ちょっとだけ続きますw
副音声や、ギャララジを聴いて、オルフェンズの良心は松風さんだと思いました!
みんなと仲が良く、収録語はよくご飯を一緒に食べに行って、鉄血語りをしたり、細谷さんの熱弁を聞いてあげたり、
センパイの櫻井兄貴への気遣いも立派で、正に理想の上司だvvv
ぜひ直接お会いしに札幌まで!・・・って行きたいけど、行けるわけない(苦笑)

って、公式サイト、外伝って何コレェェェ!?アルジって、見える範囲で片腕が機械っぽいけど、尖がったアインじゃないよね!?
アインの双子の弟とかでもないよね?!(00ネタ)
300年前の厄災戦の話かな???

◎現実逃避で他のアニメとリンクネタ。
アインが『亜人』だったら・・・別の問題が発生するよね・・・。
『このすば』のアクア様、ダ女神なんて言わないから、アインの身体を治してくれー!
首ちょんぱした主人公をサクッと治しちゃう、回復魔法だけは一流の女神様!!

《追記》
今回の絵は、GATE2期EDのトレスです☆
GATE20話見ました!健気なシェリーと、菅原様のイケメンっぷりに乙女心がキュンキュンしますvvv
同じ成人男性×女児の組み合わせでも、マッキー&アルミリアとの差が激しいwww
ちゃんと「16才になるのを待って」と、日本の法律を順守する真面目っぷりも好きー!!
ラジオで、「女児タラシ」とか言うの止めて下さいwww

GATE

それと、名前覚えてないんですが・・・遊佐さんボイスの眼鏡の人と、茶髪ウサ耳っ娘の安否情報も早く~!!
OPをよく見ると、二人で並んでるんですよねvこの二人も、もしかしてvvv
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

黒夜シロ

Author:黒夜シロ
アニメ・ゲーム・マンガ・ワンコ
(ネコ・ウサギ・ハムスターもLOVEv)が大好きな管理人です^^
“BL大好物”な腐女子ですが、よろしくお願いします♪

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム